戦後 呉市中通の屋台から珍来軒は始まりました。

 

当時の看板メニューは「ワンタン麺」でしたが、当時先代が考えたのは

 

「タレによく馴染む特注のコシのある平打ち麺」

 

「冷麺に中華そばの麺を使えば、冷麺でなく冷やし中華になる」

 

という発想から、甘みとピリッとした辛さが広がる酸味を抑えたスープの「呉冷麺」を作り上げました。

 

1995年より誕生した「呉冷麺」は“冬でも冷たい麺を食べたい!”というお客様の声に応え人気メニューとなりました。

具を少なく麺の量を多くし、スープは飲み残しがないように麺全体にかかる程度の量に抑えた冷麺のスタイルが、いつしか庶民の味として親しまれるようになりました。

まずはそのままで、後に酢に唐辛子を漬けたオリジナル調味料「酢からし」で味の変化をお楽しみ下さい。

 

© 2014 Copyright(C)有限会社 点心. Proudly created with PLUS.a

創業60年 珍来軒は「呉冷麺」発祥の店です

たくさんの方に来て頂きました